第1話 幼少期の法然上人

 法然上人は今から約八五〇年前に現在の岡山県久米郡で父・漆間時国と母・秦氏の長男として誕生されました。伝説では本山寺という寺院で、漆間時国・秦氏夫妻が参籠をして子宝を祈願して、ようやく授かった子供と言われています。また誕生の折には紫の雲があらわれ、庭先の椋の樹にはどこからともなく流れてきた白い幡がたなびいていたという伝説もあります。偉人や聖者の誕生には、往々にして不可思議な奇瑞が起こるようですが、法然上人が誕生した時にも見たことがないような不思議な光景があらわれたようです。この両親にとって待ちに待った男児こそが勢至丸、後の法然上人です。

 勢至丸は両親の限りない愛情を一身に受け、たくましくも心優しい少年として成長していきました。昼間は庭先で竹を馬に見立ててまたがり、合戦の真似事をしていたそうです。また時折、西の方角を向いては夕陽の向こうに不思議な世界が広がっていると言い、静かに掌を合わせていたそうです。両親にとっては、すくすくと成長する我が子を暖かく見守る幸せな日々が続きました。

 しかし悲劇は突如として起こります。むしろ人生の中の悲劇とは、決して望んでもいないのに突然に襲いかかってくるものです。漆間時国一家の悲劇は、勢至丸が九歳の時におこりました。父・時国は地方豪族として地領を統治していました。また当時は荘園制の時代ですから、中央から地方にいわゆる官僚が派遣され、地領を管轄していました。つまり土地そのものが地方豪族と中央官僚との二重支配体制になっており、いつも年貢のことなどで両者が反目していました。漆間時国の時の中央官僚は明石定明という人物です。時国と定明はまさに犬猿の仲で、いつも勢力争いをしていました。この争いがエスカレートし、ついに明石定明が漆間時国に夜襲をしかけます。これこそが明石定明夜襲事件といい、一夜にして勢至丸の人生を大きく変えたものでした。この夜襲は暗闇に火がついた矢が飛び、刀と刀が激しい火花を散らした壮絶な戦いであったようです。明け方になり定明側が引き揚げた後には、多数の時国の家来が息絶え、そして時国本人も無数の刀傷を受け瀕死の重傷でした。この一夜の惨事を伝える法然上人のお言葉は残っていませんが、目の前で繰り広げられた死闘は幼い勢至丸の脳裏に焼き付けられたことでしょう。

 自分の死期が間近に迫ったことを悟った時国は枕もとに勢至丸を呼び、「決して仇を討ってはならない」と言い残しました。当時の武家の習慣では、復讐こそが武家の面目であったことでしょう。しかし時国は血で血を洗うような残虐で闇黒な世界へと我が子が歩むことに耐えられませんでした。愛すべき勢至丸にこれ以上の苦しみを体験させるわけにはいけなかったのでしょう。九歳といえば自分で判断でき始める年齢です。勢至丸は込み上げる悲しみと怒りをじっとこらえ、今まさに息絶えようとする父の遺言を静かに聞いていました。

 数日後、夜中に人目に隠れて夜襲の傷が生々しい生家を後に、母方の叔父にあたる観覚が住む菩提寺へと歩む勢至丸の姿がありました。この時の勢至丸には、「...もう、二度とここには帰ってくることはないだろう。今はとにかく生きのびよう...。」という気持ちであったことでしょう。


第二回 一度として烏帽子をかぶらなかった法然上人

明恵上人

法然上人とほぼ同時代に活躍した明恵上人の伝記の中に、「四歳の折に、父親が戯れに、私の頭に烏帽子をかぶせて、《おぉ、なんとも見た目にも良い男ではないか。成人したら是非とも宮中に遣わそうぞ》と言った。この言葉が頭から離れず、見た目の良い成人になることを嫌い、自らの身体を傷付けようとさえした。私はそれほどに出家したかったのだ」という一段があります。また『伴大納言絵巻』には博打で負けて裸にされた男が、褌と烏帽子のみを残した絵が書かれています。つまり中世にあって烏帽子の存在は官位の象徴のみならず、成人男性の象徴でもあったことが分かります。

烏帽子-えぼし-

 法然上人のお言葉の中に「われはこれ烏帽子もきざるおとこ也」という一文があります。幼いながらも烏帽子をかぶった明恵上人とはまったく反対の発言です。この一文は「私は官位に就いていない男なのだ」あるいは「私は取るに足らないような愚かな男なのだ」と解釈されてきました。確かにこの一文にはこのような意味がありますが、もう少し深い意味があるように思えてなりません。

 明恵上人の伝記から烏帽子は良い男の必須アイテムであるとともに、『伴大納言絵巻』の事例から烏帽子は成人男性の象徴でもあることが分かります。だとすると、この「烏帽子をかぶることができない男」とは、単に「立身出世を望む俗世から離れた出家の身」という意味のほかに、「この私は、社会にあってごく一般的な成人男性としては決して生きていくことができない存在なのだ」という告白が込められているようにも見えます。

 法然上人のこの恐るべき告白は一体、何を物語っているのでしょうか。ひょっとしたら比叡山で、三番目の師であり、法然上人が最も信頼した師である叡空のみに打ち明けたあの秘密、つまり自らが夜襲の生き残りであるという幼少期の忌まわしき現実を指しているのかもしれません。夜襲にあって生き延びたということは、もはや帰るべき故郷もなく、また烏帽子をかぶせ後見人となる烏帽子親もなく、文字通りの天涯孤独の身となったということです。法然上人はあの痛ましい事件をきっかけに人生が大きく変わり、あの事件が幼少の勢至丸の明るい将来をすべて奪い取り、あの日以来、世間からも時代からも見放された人生が始まったのです。おそらく法然上人は、人生の中で一度として烏帽子をかぶった経験はないことでしょう。

 法然上人独自の「すべての人間は罪深き存在であり、永遠の過去から今日まで罪を犯し続けてきた凡夫なのだ」という人間存在と人間の本質に対する透徹した視座は、あの日の事件以来、ただ一人で生きていかなければならなかった少年が、やがて成長し、比叡山で当時の平均寿命の年齢になるまで修行と思索を続ける中で到達した真理に由来するものだったのです。だからこそ「われはこれ烏帽子もきざるおとこ也」に続けて「十悪の法然房が念仏して往生せんといひて居たる也」と述べ、「永遠の過去から今日まで、あらゆる悪行を犯し続けてきたこの私だからこそ、今こそこの私は、阿弥陀様におすがりするよりほかに生きていく術もなく、阿弥陀様の聖なるお名前を称え、ただひたすらに往生を願うばかりなのであります」と説き示しているのです。法然上人が「人間とは、どこまでも罪深い存在なのです」と仰せになる時、そこには時代から見放された少年が涙ながらに訴えた「なぜ、人はこのような残酷な運命を生きなければならないのか」という声が、そして長年に渡る修行と思索の中で「なぜ、人生はかくも悲哀なものなのか」と問い続けた、宗教的天才の大いなる苦悩が含まれているのです。

 法然上人は比叡山から離れた後に、お念仏の教えを説き広めるとともに、没落した貴族の子供や、出家する以外に生存の道が残されていない平家の子供たちも、自らの側に呼び寄せ、彼らを護っています。この法然上人の姿には「時代から見放された子供たちに、自分と同じような哀しい人生を歩ませてならない」という決意のようなものを感じずにいられません。法然上人のあの優しさの後ろには、あの事件によって大きく変わってしまった自らの人生をお念仏によって受け入れ、阿弥陀様とともに生きていくことで自らの人生の悲哀を受け止めた経験があるのかもしれません。阿弥陀様を信じ、阿弥陀様とともに生きていこうとする決心こそが、法然上人のおおらかさや優しさやあたたかさの理由だったのです。