第3話 奈義の菩提寺

 生家を離れた勢至丸は、そのまま逃げ隠れるように逃避行を続け、母方の叔父にあたる観覚がいる奈義の菩提寺に入りました。当時、寺院は特別な聖域でもあり、武家が容易に手出しできる空間ではなかったのです。

 観覚のもとに身を寄せた勢至丸のことを、観覚はしばらく静観していました。内心は、「さて、この子の将来をどのようにしたらよいものか...」と悩んでいたことでしょう。当の勢至丸も毎日を敵への恨みと、致し方ない人生にとまどうばかりであったことでしょう。おそらく心の中では、一瞬にして家族の幸せを奪い去った明石源内定明への復讐の思いで一杯だったかもしれません。しかし観覚は勢至丸の心の中にある争いの思いを見抜き、「決して仇を討ってはならない。怨みの報いとして人を怨めば、また人から怨まれるだけだという父上の遺訓を忘れたのか」と勢至丸を強く誡めたことでしょう。

 観覚に諭され自らの過ちを知った勢至丸は、次第に仏教の教えの中に自らが生きていく道を求めはじめました。この頃の勢至丸は「人々はなぜ争うのか?どうしたら人々の争いはなくなるのか?」という疑問をお釈迦様の教えにぶつけていたのでしょう。

 観覚は奈良で本格的に仏教の勉強を修めた人物でした。ある日、観覚が勢至丸に天台宗の教えについて講義をしていると、勢至丸が不思議そうな顔をして「どうしてこういう理解をするのか分からない」と疑問をもらしました。その言葉を聞いた観覚は「この勢至丸の疑問はまだ解決されていない大問題だが、この子は一度見ただけでこの問題の全てを見抜いているようだ」と驚愕します。その日以降、勢至丸は乾いた土がどんどんと水を吸収していくように、仏教の教えを修学していきました。

 この様子を目の当たりにした観覚は「この子は天才だ。この子は私の力量をはるかに凌いでいる」と言い、勢至丸を仏教研究の最高峰であった比叡山で勉強させることにしました。


第4話 比叡山

 観覚は以前から親交があった比叡山西塔北谷に住む持宝房源光に勢至丸を預けます。この時、観覚は源光上人に「偉大なる智慧の菩薩である文殊様をおとどけします」という紹介状一通を勢至丸に持たせたそうです。二年ほど源光上人のもとで仏教の勉強を続けた勢至丸でしたが、さらに深くお釈迦様の教えを究めるために出家して本格的な修行の道を歩む決意をします。勢至丸、十五歳の時のことでした。勢至丸の揺るぎない決意を知った源光上人は、勢至丸を学僧の誉れ高い皇円阿闍梨のもとに送ります。勢至丸は皇円阿闍梨のもと出家し、その後三年間、天台宗の勉強に研鑽します。この時、皇円阿闍梨は勢至丸のことを「この者はやがて比叡山第一の大学者となり、天台宗の座主にまで出世する大器である」と評しています。