第7話 立教開宗の前夜

 法然上人のこの「すべての人は悩み苦しみ、覚ることはできない」という自覚は、再度、上人自身を深い思索へと誘うこととなります。上人は「覚ることができず、この世界で苦しみもがいている私達は、一体どうすればよいのか?」と自問し、この世界のあらゆる人々が必ずこの現実の苦しみから永遠に離れることができる教えを模索する日が始まりました。

 しかし学べば学ぶほどに、自らがこの身このままで仏であることも、また覚りを開くことも絶望的にとらえた法然上人は、それでもお釈迦様の教えの中にすべての人々が人生の悲哀と苦悩から逃れ得る方法を求め続けました。しかしお経を見ても覚りの境地の様子は詳細に説かれてあっても、自らが切望する教えはなかなか見つからなかったかもしれません。

 仏教には多くのお経や論書があります。数多あるお経や論書の中でも、「この世界に生きる人は、誰一人として自らの力では覚りを開くことができない」という発言は、中国の唐の時代に長安で活躍した善導大師の著作にしか見ることができません。善導大師は「この世のすべての人はみな悩み苦しむ凡夫であり、阿弥陀様はすべての凡夫を救済する仏様である。わたしたちは阿弥陀様のお救いを受ける以外には、この苦しみから離れえる方法は有り得ないのだ」ということを強く主張しています。

 法然上人は比叡山の大先輩にあたる恵心僧都源信の『往生要集』に導かれ、阿弥陀様の救いを説き示した浄土教に強い関心を持つようになり、『往生要集』が引用した多数のお経や論書をすべて実際に手に取って幾度も通読しました。そして善導大師の主著とも言うべき『観経疏』に出逢うことになります。

 来る日も来る日もお経や論書の頁をめくり、幾度も大蔵経を端から端まで精査した法然上人は、ついに「自らこれまで多くの罪を犯し、今生まで苦しみの世界を彷徨い続けてきたこの私が、今こそ阿弥陀様のお名前を称えることによって、阿弥陀様の本願のお救いを受け、極楽世界に往生することができる」という善導大師の教えと対面し、善導大師の言葉の真意を受け取りました。この時のことを上人自ら「善導大師の『観経疏』に出逢い、そして一心専念弥陀名号の文章を目の当たりにした時、これこそが今まで私が探し求めてきた教えであると声をあげ、喜びのあまりに感涙にむせぶばかりであった。あの日以来、私はあらゆる修行を止め、ただお念仏のみを称えるようになったのだ」と述懐しています。

 善導大師が開顕し、法然上人が開示したお念仏の教え、阿弥陀様の救いとは、「あらゆる人々をすべて必ず救い取る」という阿弥陀様の本願の本意に他ならず、これこそが法然上人が自らの人生を賭してまで探し求め続けた「すべての人々が人生の悲哀と苦悩から離れ得る唯一のお釈迦様の教え」だったのです。


第8話 浄土宗の立教開宗

 仏教には多くのお経や論書があります。法然上人当時、仏教関連の典籍はいわばメジャー(入蔵=大蔵経に収録された経論)とマイナー(蔵外=大蔵経に収録されなかった経論)に分類されており、入蔵の方の数でも法然上人のカウントによると六百三十七部二千八百八十三巻にも及ぶそうです。おそらく上人はこれらすべてを隈なく精査し、自らが求める教えを探したことでしょう。しかし、この中には自らが求める教えはありませんでした。上人は諦めることなく、さらに蔵外の方も探求し続けました。

 多数あるお経や論書の中でも、「この世界に生きる人は、誰一人として自らの力では覚りを開くことができない」という発言は、中国の唐の時代に長安で活躍した善導大師の著作にしか見ることができません。善導大師は「この世のすべての人はみな悩み苦しむ凡夫であり、阿弥陀様はすべての凡夫を救済する仏様である。わたしたちは阿弥陀様のお救いを受ける以外には、この苦しみから離れえる方法は有り得ないのだ」ということを強く主張しています。このことを明言した善導大師の『観経疏』は蔵外に属する本でした。

 法然上人は比叡山で長い期間の修行を積み、ついに善導大師の著作である『観経疏』と運命的な出会いを果たすことができました。『観経疏』の「一心に専ら弥陀の名号を念じ、行住坐臥に時節の久近を問わず、念念に捨てざる者、これを正定の業と名づく。彼の仏の願に順するが故に。」という一文に、ようやくたどり着いた法然上人は、これこそが真理であり、これこそがお釈迦様の究極の教えであり、この一文によって初めて自分自身が生きていく勇気と根拠を知り、この一文に自らのすべてを託したのです。

 『観経疏』を通じて善導大師の教えを知った法然上人は、「お念仏をおとなえすれば、誰でもがこの身このまま阿弥陀様のお救いをいただき、そして次の世では必ず極楽浄土に往生させていただくことができる」という揺るぎない宗教的確信を得ました。

 阿弥陀様のお救いを確信した法然上人は「もう比叡山で独り修行する時期は終わった。私はこの阿弥陀様のお救いを一刻も早く人々に伝えねばならない」という思いのもと、幼少の頃から修行を続け慣れ親しんだ比叡山をおりる決意をしました。この決意は並大抵のものではありません。昔のJRの宣伝には「巨大組織〔比叡山〕から、ひとり飛び出した法然。鎌倉時代の〔フリー宣言〕でした。勇気があって成功して。カッコイイと思います」というキャッチ・コピーで知恩院のCMが流れていました。フリー宣言と見れば確かにカッコイイかもしれません。しかし現実には本当にご自身の身命を賭した行為であり、「阿弥陀様のお救いという真実を伝えるために、私は今こうしてこの世にいるのだ」という法然上人の強い信念をうかがうことができます。

 この法然上人の強い意志は、上人の人生とともに幕をおろしたわけではありません。むしろ法然上人が極楽浄土に往生されてから後に、ゆっくりですが確実に日本人の心・日本の文化・日本の風土に浸透していきました。今でも私達が自分だけの力ではもはやどうにもすることができないとき、あるときは心の中で、あるときは掌を合わせて、自分以外の何か超越的な力に対して祈ることが多々ございます。この日本人の霊性あるいは心性ともいうべきものの根底には、法然上人がお示しいただいた「お念仏を通じて誰もが必ず阿弥陀様のお救いをいただくことができる」というみ教えが流れているように感じてなりません。

 さて八瀬の坂道をくだり独り比叡山を後にした法然上人は、西山の広谷でひとり静かにお念仏をとなえていた遊蓮房円照という人物を尋ねます。この円照という人物は、法然上人と同じように善導大師の教えに導かれてお念仏に励んでいた方です。残念なことに円照は夭折しますが、臨終の時には法然上人が横に付き添い、円照の最期の一息まで共々にお念仏をとなえたと伝えられています。

 こうして比叡山を後にした法然上人は、おそらく再び比叡山にはのぼっていないと考えられます。浄土宗では上人が比叡山からおりた時を以って「浄土宗の立教開宗」としております。時に法然上人が四十三歳の春のことでした。